アクセス(Access)を使った中小規模のオーダーメイドソフト開発 合同会社リアルテク

2017.03.15

会計データから銀行への振込データを作成

会計データから支払処理

仕入の費用や経費の支払などをの銀行振込のデータを作成するのに手間がかかっている
という相談がありました。
通常なら、
 ・支払データの入力
 ・データチェック
 ・支払データ作成
 ・銀行振込用データ作成
 ・支払締処理

となるのですが、
会計ソフトにも同じデータを入力しているので二重入力になって無駄です。

 

アクセス(Access)で支払データ作成

そこで、会計データをCSV出力。
そのデータをアクセス(Access)に取り込んで、銀行振込用データを作成した。

 

会社によって運用方法はさまざまです。
支払伝票を入力して、支払処理して、そのデータを元に、仕訳データを作成。
仕訳データを会計ソフトに取り込む
という方法もあれば、上記のように会計データを優先する運用方法もあります。

 

 


Top