アクセス(Access)を使った中小規模のオーダーメイドソフト開発 合同会社リアルテク

2017.08.07

水茄子(みずなす) アスパラ レシピ

わが家の家庭菜園で栽培した「アスパラ」と両親が作った「水ナス」を使ったレシピを紹介します。

 

水ナス

   

左が「茄子(ナス)」、右が「水茄子」です。

どちらも両親が無農薬で栽培したもの。(農家ではなく、家を建てようとして購入した土地だったが、そこで野菜類を作っている)

 

両親は水ナスを漬物調味液に漬け込んで漬物にするらしいが、私はそれがあまり好きではない。

糠漬けは好きだが、手間がかかるし、両親も今は作っていない。

そこで挑戦したのが天ぷら。

 

・へたを落とし、縦半分に切り、厚さ1~2㎝ほどの半円に切り、水につける。

・てんぷら粉はコスパが悪いので使いません。

 小麦粉+マヨネーズ+水 で作るか

 水+卵 を溶いて、+小麦粉 で作ります。

 ダマダマにならないように注意が必要です。

・天ぷら衣がナスの表面に膜を張る程度のゆるめにします。 

 

(ナスの表面の紫色が薄くおおわれる程度:揚げる前にお皿に移して撮影)

 

出来上がりがこれ ↓

アツアツの天ぷらに天つゆや塩で食べると最高です。

天ぷらの衣は「サクッ」としていて、ナスは溶けるような食感!

一人で半分食べてしまいました。(笑)

 

 

アスパラ

これは私が家庭菜園で栽培したもの。

アスパラと言えば「アスパラのベーコン巻き」が有名ですが・・・

この日採れたのは1本だけ だったので、天ぷらにしてみました。

一口大に切り、衣をつけてサッと揚げるだけ。

ぜひ試してください!!

アスパラの風味がしてメッチャ美味しいです。

ただ、揚げす過ぎると味は半減しますので、ご注意ください。

 

 

揚げすぎ・・ で思い出したことがあるのでちょっと補足です。

 

かぼちゃの天ぷら

以前、友人と串カツ店で「かぼちゃ」を注文した時です。

厚さ2~3㎝の長方形のかぼちゃでした。

食べると、硬いんです!

中は生? という感じでした。

 

ジャガイモ、サツマイモ、かぼちゃ・・・ 厚い野菜を天ぷらにする時に困ることがありませんか?

長く揚げないと中まで火が通らない

長く揚げると焦げてしまう

 

解決する方法は

衣をつけて揚げる前に、蒸すか、レンジでチンして火を通しておくことです。

揚げるときは中に火が通っているので、衣をつけて軽く揚げるだけです。

 

先ほどのかぼちゃの串カツ

そういうことを考えずに揚げただけだったのか?

そういう方針の店だったのか(?)

もしそうだとすると、「当店は○○のため生のような硬い状態で提供しています・・・」

のような説明が必要ですね。

お店にクレームを入れることはしませんでしたが、友人と「二度と来るのは止めましょう」

ということになりました。

 

サイレントクレーマー

そんなお客様を作らないように注意したいものです。

 

 

 

 


Top