アクセス(Access)を使った中小規模のオーダーメイドソフト開発 合同会社リアルテク

2017.09.04

徳島 釣り 美味しい料理方法

2017年8月25日、徳島の県南「南阿波サンライン」釣りに行ってきました。

釣果は

 ・アイゴ 4匹 (写真の上側)

 ・カサゴ 2匹 (アイゴの下) 徳島では「ガガネ」ともいわれる。

 ・ダツ  1匹 (中央の長い魚)

 ・グレ  3匹 (下の右側の黒い魚)

 ・アジ  2匹

 ・ベラ  1匹

 ・その他(ニザダイ、スズメダイなど外道魚と呼ばれている魚)

 

徳島 釣り アイゴ

最大のものは約35㎝ありました。

徳島では「アイノバリ」とも呼ばれています。

背びれ、腹びれ(写真の黄色線で印をつけたところ)などのヒレには毒針があるので要注意です。

魚の生死にかかわらず決して触らないようにしてください。

料理をする時、最初にキッチンバサミなどでひれを切り落としてください。

 

この魚の身は「臭い」ので調理する時は要注意です。

「一夜干し」が美味しいと聞くのですが、以前にチャレンジして美味しくなかった!

(臭みが消えなかった)

 

そこで、今回は次の3つに挑戦しました。

 ・味噌漬け (鰆の西京焼きをヒントにしました。)

 ・みりん漬け (マグロの漬けや味醂干しをヒントにしました。)

 ・三枚におろして、皮を引いたものをラップで包んで、冷蔵庫のチルド室で2~3日ねかせる

  (ネットで検索すると臭みが消えて美味しくなる とあったので)

を試してみました。

 

アイゴ レシピ 味噌漬け

味噌に少量の味醂と酒を加えて、味噌を柔らかくします。

三枚におろして、皮を引いた身の両面に塗ってラップして冷蔵庫で一晩ねかせます。

 

アイゴ レシピ みりん漬け

味醂、酒、醤油をあわせたものに生姜を擦って入れます。

そのたれに暫く漬けて一晩寝かせます。

 

アイゴ レシピ 冷蔵庫のチルド室で2~3日ねかせる

 

美味しさの予想は、レシピを紹介した順でした。

調理法はフライパンに油をしき炒める という方法です。

 

結果は、なんと!「チルド室でねかせる」が最も美味しかった!!

臭みが消えていて「美味しい!」

皆さんも是非試してください。

 

 

徳島 釣り ダツ

この日釣ったものは70㎝ほどありました。

3枚におろして、片栗粉をまぶして、唐揚げ風にすると美味しかったです。

 

徳島 南阿波サンライン アクセス方法

美波町(旧日和佐町)の南阿波サンライン(昔は有料道路でした)を目指します。

Googleマップで行先を「南阿波サンライン」と入力してください。

候補リストに「南阿波サンラインモビレージ」が出てくるので、それを選択します。

下の地図はその結果の一部です。

地図の右側は薬王寺(四国八十八カ所第23番霊場)、日和佐駅

地図の左側は牟岐駅

県道147号を進み、モビレージの看板が出てくるので、そこを曲がり、海岸の道路わきに駐車します。

その先がモビレージです。

車を駐車した海岸から海を見ると、湾の右側に出っ張ったところが見えます。

それが地図上の赤丸の部分で、釣りのポイントです。

 

海岸に降りて(階段があります)、右側の山越えをして海岸に降りるのですが

人が何度も通っているので道ができていて、要所要所にはロープが張られているのでわかり易いです。

赤丸の釣りポイントです。

この右側に「緑〇」の釣りポイントがあるのですが、満潮時は「緑⇒」が水没して通れません。

 

美波町の南阿波サンラインは他にも釣りポイントが沢山あり、

タイ、ハマチ、イサキ、チヌ、・・・いろいろな種類が釣れるので面白いです。

 


Top