アクセス(Access)を使った中小規模のオーダーメイドソフト開発 合同会社リアルテク

2017.08.18

プログラムが更新されない

弊社はAccess(アクセス)を使ったオーダーメイドソフトを作成しています。

プログラムを更新する場合は、以下のいづれかの方法を実行してもらっています。

 ・特定のフォルダのプログラムファイルを上書きコピーする(置き換える)

 ・プログラムの更新用のソフトを実行する

 

今回のトラブルは

 

プログラムを上書きしたが更新されない

というトラブルについてです。

 

状況を説明すると

 

C:ドライブの「テスト」フォルダ内に「TESTPG.mdb」というプログラムファイルがあります。

「OLD」というフォルダ内に置き換え前のプログラムファイルを保存してあります。(下図)

 

 

このプログラムを実行する起動アイコンをディスクトップに作成します。

そのプロパティが↓これです。

 

 

プログラムファイルを更新するため、USB等の媒体から上書きコピーを行った場合

起動アイコンのリンク先が変わってしまう場合があります。

 

例えば、以下のように

「C:¥テスト」 ⇒ 「C:¥テスト¥OLD」に変更されています。

 

プログラムは置き換えたはずなのに、起動アイコンから実行すると更新されていない

という状況が発生します。

 

このようなトラブルが発生した場合の対応方法は

 

①置き換えたプログラムファイルの更新日時を確認する

 

この日付が変わっていたら置き換えはOK。

変わっていない場合は、コピー操作をやり直してください。

 

 

次に確認するのは

 

②起動アイコンのリンク先を確認する

 

このリンク先が書き換えられる場合があるので注意が必要です。

 

この現象は極たまに発生しますが、どのような操作をすれば確実に発生するか?

については不明です。

 

リンク先が書き換えられる原因は

Windowsのお節介機能の「ショートカットの追跡機能」がオンになっているためです。

 

あまり実害がないのと、プログラムの置き換えは手動ではなく、プログラムで行っているため

このような現象は発生しないので、この機能はオフにしなくてもいいかな? と考えます。

なぜなら、PCに不慣れなユーザーが簡単に変更できる操作ではないからです。

 

変更される方は

 

「ショートカットの追跡機能」で検索

して頂ければヒットしますので、ご自分にとってわかり易いサイトをご確認ください。

 


Top